インターネットを利用した副業にも様々な物が増えていますが、依頼された内容に沿って文章を書くWEBライティングは、クラウドソーシングサービスなどもありネット副業として選ばれることも多いです。
ですがWEBライティングは月数万簡単に稼げるという方もいれば、全然稼げないという方もいます。
どれくらいの頻度で何時間作業しているかなども理由の一つですが、一番重要なことは、プロジェクト方式でライティングをすることです。

WEBライティングを案件を受けるならクラウドソーシングサイトを利用することが基本になりますが、それにも大きく分けて2種類の受け方があります。
一つは書く人は誰でもいいという案件募集のタスク形式、もう一つはライターを募りその中から依頼者が相手を決めて依頼するというプロジェクト方式です。

タスク方式は気軽に参加や中止できるメリットがありますが、単価が安いと言う問題があります。
なので副業だから気楽な方がいいとタスク中心にしていると、副業でもあまり稼げません。
WEBライティングを始めたばかりだけど数万稼げた、毎月安定して副業として稼げているという方は、全員プロジェクト方式で案件を受けています。

またプロジェクト方式は安定して仕事を受けやすいという点もメリットです。
応募しても選ばれないことも当然ありますが、プロジェクト方式自体タスク方式より案件数が多いですし、中にはそのまま継続依頼になることも珍しくはありません。
プロジェクト方式でこなした案件の数は、他のプロジェクト方式に応募した際の成功率を上げる実績にもなるので、契約まで行けなくても諦めずに応募し、受けられた案件をこなしていけば、副業としては十分稼げるようになるまで、それ程時間も掛からないでしょう。

プロジェクト方式を上手くこなすコツとしては、需要があって得意なジャンルを作ることです。
ビジネス、SEO関連、ゲームなど同じジャンルの案件を受けてきた実績があれば、同じジャンルの案件を出したクライアントも安心して案件を任せられますし、自分も過去のライティング経験やジャンルの知識を活かしてスムーズに効率よくライティングできます。

先述したようにプロジェクト方式はある程度継続して依頼を受けやすいので、プロジェクト方式では幅広いジャンルに対応することよりも、特定ジャンルへの習熟が副業としての稼ぎやすさに影響を与えがちです。
WEBライティングで副業として十分なくらいに稼ぎたいなら、ある程度ジャンルを絞ってプロジェクト方式で案件を受けていきましょう。